鶴の子大豆

 

 

 

 

鶴の子大豆」は主に北海道南部で作付けされている、極大粒品種になります。

 

鶴の子大豆は煮豆で食べた時のもっちりとした食感と見た目の美しさから、高級品質の大豆として知られています。

 

早晩性大豆で収穫時期は10月前半〜10月下旬頃が適期になります。

 

鶴の子大豆の100粒重はおよそ45.5gの極大粒品種になります。

 

大豆の粒の大きさが他の大豆に比べるとふた回りも大きな品種で綺麗な丸形で皮切れも少なく煮豆の他、豆腐や味噌などに加工しても美味しい製品に仕上がります。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー】

大豆各種のお問い合わせはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です