鶴の子大豆

 

 

 

 

鶴の子大豆」は主に北海道南部で作付けされている、極大粒品種になります。

 

鶴の子大豆は煮豆で食べた時のもっちりとした食感と見た目の美しさから、高級品質の大豆として知られています。

 

早晩性大豆で収穫時期は10月前半〜10月下旬頃が適期になります。

 

鶴の子大豆の100粒重はおよそ45.5gの極大粒品種になります。

 

大豆の粒の大きさが他の大豆に比べるとふた回りも大きな品種で綺麗な丸形で皮切れも少なく煮豆の他、豆腐や味噌などに加工しても美味しい製品に仕上がります。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー】

大豆各種のお問い合わせはこちら

 

 

スズマル

 

 

 

スズマル」は北海道で作付けされている、主に小粒納豆用大豆になります。

 

スズマルは小粒種としては多収の品種で密植しても比較的倒伏しにくい為、コンバイン収穫に適している大豆です。

粒揃いが良く、裂皮粒や低温によるへそ周辺着色粒の発生が少ないので、外観品質も良好な品種になります。

 

早晩性大豆で収穫時期は10月前半〜10月下旬頃が適期になります。

 

スズマルの100粒重はおよそ14gで小粒大豆品種になります。

 

見た目が綺麗な丸形で納豆に加工した際もふっくらした仕上がりになり、北海道を代表する小粒大豆になります。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー】

大豆各種のお問い合わせはこちら

キタムスメ

 

 

キタムスメ」は北海道で作付けされている大豆で旨みの点で定評がある中粒秋田銘柄の主力品種大豆になります。

 

へそ色が暗褐の褐目大豆でタンパク質は他の大豆に比べると低い反面、脂肪や糖分が高いのが特徴の大豆です。

 

キタムスメは早晩性の大豆で収穫時期は10月上旬から下旬にかけてが適期になります。耐冷性が強く、冷涼地で安定多収が見込める品種です。

 

キタムスメの100粒重はおよそ31gで中粒大豆品種になります。

糖分が高い大豆なので、豆腐や味噌の加工に定評がありますが、中粒の納豆に加工しても美味しく仕上がる品種です。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー】

大豆各種のお問い合わせはこちら