吉川在来(よしかわざいらい)

 

 

 

吉川在来」は新潟県上越市周辺のごく限られた地域でなおかつ限られた生産者で昔から作付けされてきた中粒品種の在来種になりなす。

 

吉川在来の表皮は綺麗な緑色で大豆の目は白目の品種になります。

特徴としては、タンパク質は他の大豆に比べると若干少ないものの、その分糖度が高く、脂肪が少ない品種になっています。

 

吉川在来の収穫時期は10月後半〜11月上旬頃が適期になります。

中粒品種の大豆ですので、他の大粒品種の大豆に比べると収量は少なくなってしまいます。又、生産者も少ない為に大変貴重な大豆になっています。

 

吉川在来の100粒重はおよそ25gで中粒大豆品種になります。

吉川在来は浸し豆をはじめ、味噌や醤油などへの加工の他、きなこや青豆とうふに使用すると、綺麗な色のきなこやとうふに仕上がります。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー

大豆各種のお問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です