さとういらず

さとういらず」は新潟県津南地方や長野県栄村付近で昔から作られてきた在来種の大豆と言われています。人気がある大豆ですので、近年では産地が全国各地に少しづつ広まってきています。(近年の主産地は山形県や北陸と思われます)

名前の由来はその名の通り砂糖が無くても大豆のままで十分甘い!という事でついたと言われていますが、本当に豆味も甘みもとても強い大豆です。

晩生大豆品種ですので、収穫時期は11月上旬〜中旬が適期になります。雪が降るのが早い産地では収穫前に雪に埋れてしまう可能性もあるので、収穫期は特に気をつけなければいけません。

黒目の青大豆で100粒重は40gで粒張りが良く大粒大豆品種になります。

タンパク質も在来種の中でも高い方で、お豆腐の加工適性は高評価になっている優良品種です。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー】

大豆各種のお問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です