タチユタカ

 

 

 

タチユタカ」は昭和62年に山形県の奨励品種になった中粒品種の大豆になります。

 

タチユタカは極めて倒伏しにくい大豆で莢も弾けにくい為、機械化収穫が容易な大豆になります。

また、加工上の長所としては裂皮がほとんど発生しない品種として知られています。

 

中晩性大豆で収穫時期は11月上旬から11月中頃が適期になります。

 

タチユタカの100粒重はおよそ24.8gの中粒品種になります。

 

この大豆は主に豆腐や油揚げ、納豆に大変適してる品種になります。

ただ、作付け面積が平成15年の1600ヘクタールをピークに平成23年には、わずか230ヘクタールしか作付けされず、奨励品種から外されてしまいました。

現在でもごく一部の生産者が作付けを行っていますが、年々少なくなってしまう貴重な大豆になります。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー】

大豆各種のお問い合わせはこちら

ナカセンナリ

 

 

 

ナカセンナリ」は主に長野県、山梨県で栽培されてい低タンパク高糖度の大粒品種になります。

 

ナカセンナリは昭和53年に長野県の奨励品種になった大豆です。

皮が薄く、甘みが非常に強い品種になります。

 

早晩性大豆で収穫時期は10月下から11月中頃が適期になります。

 

ナカセンナリの100粒重はおよそ27.2gの中粒品種になります。

 

この大豆は低タンパク高糖質の品種なので、豆腐に使用すると固めるのが難しい大豆ですが、上手く固められた時の豆腐は絶品です。

この大豆は一般的には豆腐より煮豆や味噌などの加工品に向いている品種になります。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー】

大豆各種のお問い合わせはこちら

黒平豆(雁食い豆)

 

 

 

黒平豆」は主に岩手県、山形県を初め東北地方の各地で昔から作付けされている、大粒の黒豆になります。

 

黒平豆は、他の黒豆より少し大きい品種で豆全体に光沢があり、扁平で豆の真ん中にくぼみがあり、そのくぼみが雁が食べたように見えることから別名「雁食い豆」とも呼ばれています。

 

豆が扁平な為、収穫後の選別に手間がかかるので、生産している農家さんもごく一部に限られています。

 

早晩性大豆で収穫時期は10月中頃が適期になります。

 

黒平豆の100粒重はおよそ41.0 gの大粒品種になります。

 

この大豆は他の黒大豆に比べて火が通りやすい為、色々な料理に使用できます。

煮豆や豆腐に加工するのが一般的ですが、炒り豆や納豆にしても美味しい品種になります。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー】

大豆各種のお問い合わせはこちら

 

 

 

胡桃豆(くるみ豆)

 

 

 

胡桃豆(くるみまめ)」は主に山形県や宮城県で作付けされている、極大粒品種になります。

 

胡桃豆はさやが大きく、豆は扁平で白っぽく真ん中に花びらのような模様があるのが特徴の大豆です。

また、食感がくるみのような味わいがあることからこの名がついたと言われています。

豆が扁平な為、収穫後の選別に手間がかかるので、生産している農家さんもごく一部に限られています。

 

早晩性大豆で収穫時期は10月中頃が適期になります。

 

胡桃豆の100粒重はおよそ45.0 gの極大粒品種になります。

 

この大豆は山形県や宮城県のごく限られた地区で作られてきた品種で、味噌や煮豆などに適している品種ですが、納豆や豆腐またはサラダや豆御飯にしても美味しくいただけます。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー】

大豆各種のお問い合わせはこちら

鶴の子大豆

 

 

 

 

鶴の子大豆」は主に北海道南部で作付けされている、極大粒品種になります。

 

鶴の子大豆は煮豆で食べた時のもっちりとした食感と見た目の美しさから、高級品質の大豆として知られています。

 

早晩性大豆で収穫時期は10月前半〜10月下旬頃が適期になります。

 

鶴の子大豆の100粒重はおよそ45.5gの極大粒品種になります。

 

大豆の粒の大きさが他の大豆に比べるとふた回りも大きな品種で綺麗な丸形で皮切れも少なく煮豆の他、豆腐や味噌などに加工しても美味しい製品に仕上がります。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー】

大豆各種のお問い合わせはこちら

 

 

スズマル

 

 

 

スズマル」は北海道で作付けされている、主に小粒納豆用大豆になります。

 

スズマルは小粒種としては多収の品種で密植しても比較的倒伏しにくい為、コンバイン収穫に適している大豆です。

粒揃いが良く、裂皮粒や低温によるへそ周辺着色粒の発生が少ないので、外観品質も良好な品種になります。

 

早晩性大豆で収穫時期は10月前半〜10月下旬頃が適期になります。

 

スズマルの100粒重はおよそ14gで小粒大豆品種になります。

 

見た目が綺麗な丸形で納豆に加工した際もふっくらした仕上がりになり、北海道を代表する小粒大豆になります。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー】

大豆各種のお問い合わせはこちら

キタムスメ

 

 

キタムスメ」は北海道で作付けされている大豆で旨みの点で定評がある中粒秋田銘柄の主力品種大豆になります。

 

へそ色が暗褐の褐目大豆でタンパク質は他の大豆に比べると低い反面、脂肪や糖分が高いのが特徴の大豆です。

 

キタムスメは早晩性の大豆で収穫時期は10月上旬から下旬にかけてが適期になります。耐冷性が強く、冷涼地で安定多収が見込める品種です。

 

キタムスメの100粒重はおよそ31gで中粒大豆品種になります。

糖分が高い大豆なので、豆腐や味噌の加工に定評がありますが、中粒の納豆に加工しても美味しく仕上がる品種です。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー】

大豆各種のお問い合わせはこちら

黒千石(くろせんごく)

 

 

 

黒千石」は北海道十勝地方の緑肥大豆として栽培されてきた大豆ですが、栽培に手間がかかりすぎることから1970年代には生産がストップして、一度は絶滅した品種とされてきましたが、約50粒の種が見つけられ、そのうち28粒ほど発芽し、一旦、岩手県で増やされ、現在では北海道の北竜町や乙部町等で栽培されている品種です。

 

黒千石の種皮は光沢があり黒色で他の黒大豆よりも大豆イソフラボンやポリフェノールの値が高い品種で抗酸化力の維持が可能な大豆として認知されています。

 

黒千石の収穫時期は10中旬から下旬にかけてが適期になります。

 

黒千石の100粒重はおよそ11gで小粒大豆品種になります。

非常に栄養価が高い大豆ですので、大豆を炒ったものを煮出して黒豆茶として飲んだり、御飯と一緒に炊いて黒豆御飯として食べたり、納豆や和、洋菓子の原料としても重宝されている大豆です。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー】

大豆各種のお問い合わせはこちら

吉川在来(よしかわざいらい)

 

 

 

吉川在来」は新潟県上越市周辺のごく限られた地域でなおかつ限られた生産者で昔から作付けされてきた中粒品種の在来種になりなす。

 

吉川在来の表皮は綺麗な緑色で大豆の目は白目の品種になります。

特徴としては、タンパク質は他の大豆に比べると若干少ないものの、その分糖度が高く、脂肪が少ない品種になっています。

 

吉川在来の収穫時期は10月後半〜11月上旬頃が適期になります。

中粒品種の大豆ですので、他の大粒品種の大豆に比べると収量は少なくなってしまいます。又、生産者も少ない為に大変貴重な大豆になっています。

 

吉川在来の100粒重はおよそ25gで中粒大豆品種になります。

吉川在来は浸し豆をはじめ、味噌や醤油などへの加工の他、きなこや青豆とうふに使用すると、綺麗な色のきなこやとうふに仕上がります。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー

大豆各種のお問い合わせはこちら

鞍掛豆(くらかけまめ)

 

 

鞍掛豆」はもともと長野県周辺で作付けされてきた在来種になりなす。

現在では山形県の一部の地域でも作付けされています。

 

鞍掛豆は形が偏平で緑色の豆に大きく黒い模様がついているのが特徴で、大豆の側面の胚の部分をまたいで裏表に付いていて、ちょうど馬の背に和式の鞍を乗せたように見える事からこの名前がついたそうです。

見た目がパンダに似ている事から別名「パンダ豆」とも呼ばれています。

 

鞍掛豆の収穫時期は10月後半〜11月上旬頃が適期になります。

偏平な大豆ですので、収穫後の選別が機械選別では難しく、見た目を綺麗に仕上げる為には手選別が必要になる大豆です。

この為、生産する農家さんが非常に少なく、大変貴重な品種になります。

 

鞍掛豆の100粒重はおよそ38gで大粒大豆品種になります。

鞍掛豆は江戸時代から煮豆として食べられてきた大豆ですが、きなこや豆腐に加工しても美味しくいただけます。

鞍掛豆は味が海苔の風味があり、一度食べるとクセになる味です。

国産大豆 在来種の大豆専門卸問屋【株式会社大豆カンパニー】

大豆各種のお問い合わせはこちら